Archive for 7月, 2017

不動産投資の成功にはマネジメント能力が欠かせない。
何をマネジメントするのか。
不動産会社の担当をマネジメントするのである。

投資家は指示を出し、実行させ、完了を確認する。
担当がこちらの指示をいつも100%実行できれば何の問題もない。
しかし、そんなことはありえないのだ。

こちらの指示を担当者が実行できなかった時にどうするか。
しかも担当者が失敗を謝罪せず、同じ失敗を繰り返したときにどうするか。
そうならないため、管理し、監視し、教育しなければならない。

不動産投資家は担当とどのように接すればいいのだろう。
いつも低姿勢でいれば舐められるし、
いつも偉そうな態度で接すれば疎まれる。
部下への接し方と同じだ。
いや、同じ社内で働いていないぶん、
部下のマネジメントより難しいかもしれない。

私もまだマネジメントのスキルの習得については途上の身だが、
ひとつだけ確信を持っていることがある。
それは、コミュニケーションはなかなか成立しないということだ。

例えば、私の場合は指示を出す前に担当者と話し合って、考えを共有し、
後から文書で同じ指示を確認のため出す。
念には念を入れ、かつこちらが不利になった場合のために文書に残すのだ。

  • 伊達市 当たる占い 
  • ひたちなか市 当たる占い 
  • さいたま市 当たる占い 
  • 浦安市 当たる占い 
  • 成田市 当たる占い 
  • 千葉市 当たる占い 
  • 港区 当たる占い 
  • 中野区 当たる占い 
  • 佐渡市 当たる占い 
  • 大府市 当たる占い 
  • 神戸市 当たる占い 
  • 佐世保市 当たる占い 
  • 熊本市 当たる占い 
  • 広島市 当たる占い 
  • 京都市 当たる占い 
  • 会話の内容なんか十分に伝わらない。
    自分自身に係わることですら普通の人間は聴く耳を持たない。
    客からの指示ならなおさら聞かないだろう。

    だから電話で追加の指示を出したときはメールするし、
    直接会って話の中で指示の方向性が変わってもメールをするのだ。

    私の家の近くには昔、激安の回転寿司屋があったが、すぐに潰れた。
    不味かったのである。激安でも味がよくないとダメだ。
    寿司屋もマンションも、安ければいいというわけではない。

    ただ、このマンションは宣伝が少ないという可能性はあるので、
    もっと多くの人の目に触れるように努力する必要があるだろう。
    あるいは、モノのいいところが客に見えていない可能性があるので、
    積極的に売りになる部分をアピールしていかなきゃいけないだろう。

    私がちょっと見ただけでもアピールが足りない部分がいろいろある。
    少なくとも私なら、最上階の眺望をもっとアピールする写真を撮って掲載する。
    あとは最寄り駅から物件までの間に何があるのか、詳しく説明するだろう。

    それにしても他人事ながら恐ろしい。
    2、3月の引越しシーズンに決まらなければ、
    秋ごろのプチ引越しシーズンまでもう大きな動きはないのだ。
    不動産投資家はこういう恐怖と毎年戦っている。

    実際は空き室を怖がる投資家と
    「いろいろ試せるな」と面白がる投資家の2タイプがいるのだろうけど。
    まあ不動産投資専業なら面白がる余裕はないかもしれないね。
    他に収入があるからこそ、不動産投資を面白がれるのかもしれない。

    それにしてもこの物件はいくらまで下がるのか。
    どうしても期待してしまう。
    一気に1万くらい下げれば賃貸は決まるかもしれない。
    まあ不自然に安いと事故物件と思われるかもしれないが。

  • 開運館E&E新宿鑑定所
  • 占い109の扉
  • 開運館E&E そごう大宮店
  • 占いルルドの部屋
  • 占い博多の母
  • 出雲神易
  • 渋谷占いの館
  • 太極命運道
  • スター占い電話相談
  • 月の寺院の占い師ベベルナール
  • しかし激安の家賃で決まれば利回りが下がる。
    不動産投資は利回りが全てだから、
    そうなると市場価値が下がって、売却時に高い値段をつけられない。
    いいとこなしだ。

    東京で働いていたときの絶望とは比べようがない。
    東京では1日を過ごすことが非常に大変だった。
    一日の始まりに仕事という別の意識へ深く潜る感覚があった。
    そして苦しい気分で一日を過ごし、
    帰りの電車に乗ったところから徐々に日常へ浮上する。
    そこではじめて息ができるという塩梅である。
    全く持って仕事をするということは死と隣り合わせの出来事であった。
    絶望や自暴自棄と肩を並べて生活をしていたのだ。

    それがいまや、適当に過ごしていても一日が終わっている。
    しかし、こういうときこそ油断してはいけない。
    調子に乗り過ぎないように自分自身を律さなければならない。
    山は登るよりも下るほうが難しいのだ。

    私は調子に乗り過ぎないように私自身の手綱を引く。
    私は私自身の習慣やら気質やら志向性を理解し、
    正しい方向へ導いてやらなければならない。
    ただ単に雰囲気に流されて進めば、
    やがて破滅に至るのは自明の理である。

    例えば尊大な態度で無能な同僚を辱めることは慎むべきだし、
    人間関係が良好といえども他人同士は分かり合えないのだから、
    同僚や上司と親交を深めすぎないように気をつけるべきだ。

    つまり何が言いたいかというと、
    東京では他者を含めた広い意味での環境との戦いだったが、
    今は純粋に自分との戦いにシフトしている。
    「汝自身を知れ」という古代ギリシアの言葉に、
    いまだ立ち返って学ぶところが多くある。
    この調子で私がコントロールできる部分を慎重に広げていき、
    職場に睨みを利かせていきたい。

  • 福井市 霊視 
  • 小浜市 霊視 
  • 大野市 霊視 
  • 勝山市 霊視 
  • あわら市 霊視 
  • 甲府市 霊視 
  • 北杜市 霊視 
  • 山梨市 霊視 
  • 上野原市 霊視 
  • 韮崎市 霊視 
  • それでいて、現在進めている投資関係や
    その他方面にも勢力を伸ばしていき、
    仕事を辞めてもいい収入を確保する努力は怠らない。
    ある日、職場から一瞬でいなくなることが理想である。
    居心地がいいからといって長く留まることは避けたい。

    私がかつて学生だった頃、
    学食のおばちゃんはピリカの具を
    トングでてきとうに摘まんでラーメンの上に載せていた。
    そのため、その日の気分どころか、
    ラーメンを作るたびにピリカの量が違っていた。
    だから、自分は大盛りで友達が小盛りなんていう格差はザラにあった。
    もちろん小盛りといえどもしっかり量はある。
    おばちゃんの気分で不自然な大盛りが出来上がると表現した方が正しいだろう。

    しかし今では容器できちんと計測して載せるようになってしまったのである。
    おばちゃんたちの個性が光る仕組みがブチ壊されてしまった。
    風情もクソもない。
    おばちゃんは裁量の余地を削られ、
    学生も大盛りのチャンスを逃す。
    公平・公正の人権意識の高まりか、単なるコストカットか。
    いずれにせよ、なんてことをしてくれたんだと思う。

    北大生は今も昔も清く正しくそして貧しい。
    夕方16時ごろに学食に行って御覧なさい。
    そこにはきっと朝・昼・夜兼用の食事をする
    貧乏学生を見かけることができるはず。

  • 豊島区 当たる占い 
  • 北区 当たる占い 
  • 墨田区 当たる占い 
  • 目黒区 当たる占い 
  • 立川市 当たる占い 
  • 練馬区 当たる占い 
  • 多摩市 当たる占い 
  • マイナンバーがヤバいヤバいと言われているが、実際ほんとにヤバい。
    何がヤバいって、始まるとは聞いてるけど、
    本当にどうすんだよと集める側が思っている。

    というか、実際マイナンバーなんてなくても何も困らないんだよね。
    1月から色んな書類にマイナンバーを書く破目になるわけだが、
    私が関わっている分野の書類はマイナンバーを書かなくても何も困らない。
    いや、むしろ書かれたら大変なのだ。
    マイナンバーが書かれた書類を受け取ると、
    鍵の付いた引き出しに入れて管理しないといけないから。

  • 東金市 スピリチュアルカウンセラー
  • 柏市 スピリチュアルカウンセラー
  • 八千代市 スピリチュアルカウンセラー
  • 富津市 スピリチュアルカウンセラー
  • 富里市 スピリチュアルカウンセラー
  • 茂原市 スピリチュアルカウンセラー
  • 木更津市 スピリチュアルカウンセラー
  • 野田市 スピリチュアルカウンセラー
  • なお、マイナンバーを提示しても、
    マイナンバーと一緒に本人確認書類を見せてもらう必要がある。
    本人確認は免許証等の本人確認書類で行うためだ。
    何を言っているか自分でもよくわからない。
    本人確認という意味ではマイナンバーなんかいらないのだ。
    あってもなくても本人確認書類を提示させるんだから。
    まあ写真付きの通知カードがあればそれ1枚で済むのだけど。

    小さな戦いでもいいからやってみれば、経験を積むことができる。
    しかしそれができないから、腹の探り合いを行わなければならない。

    さて、この膠着状態だが、次の局面として何が起こるか。
    この状態そのものを利用されてしまうのである。
    外部の圧倒的な力に弱いのだ。
    いったん空気が形成されてしまえば、
    探り合いをしている都合上、それに従わざるを得ない。

    本当はこの膠着状態を形成している集団が互いに協力すれば、
    集団全体に利益をもたらす団体行動もできるのだ。
    外的から身を守り反撃することもできる。
    しかし、それができずに互いの出方をうかがうため、
    外部の大きな力に弱く、簡単に利用されてしまう。
    具体例をあげるなら、
    自治体職員と市長と強制ボランティアの問題とでも言えようか。
    私の口からはこれ以上具体的な何かは言えない。

  • 北足立郡伊奈町 当たる占い 
  • 入間郡三芳町 当たる占い 
  • 入間郡毛呂山町 当たる占い 
  • 入間郡越生町 当たる占い 
  • 比企郡滑川町 当たる占い 
  • 比企郡嵐山町 当たる占い 
  • 比企郡小川町 当たる占い 
  • 比企郡川島町 当たる占い 
  • 比企郡吉見町 当たる占い 
  • 比企郡鳩山町 当たる占い 
  • そういうわけで互いに睨みあってはいるものの、
    外敵に弱く、ストレスだけが溜まる状況が一帯を支配している。
    この集団がどのくらい大きく形成されているかはわからない。
    しかし私にはこの集団が幾重にも形成されて
    抜け出せる隙がないように思えるのだ。

    最近は30歳を過ぎても40歳を過ぎても
    不安定な身分で夢を目指す人が増えているように思う。

    例えばお笑い芸人。昔だったら30にもなれば中堅どころだったが、
    今ではお笑い芸人も供給過剰になり、
    40前後でも若手扱いされることが少なくない。

    それでも彼らが夢を追い続けるのは、
    30後半でも40過ぎてからでもブレイクの可能性があるからだろう。
    確かに可能性はある。蓋然性は低いが。

    その他、真面目な例で言うとアカデミックの世界もそうだ。
    大学院重点化で供給側である院生の数は大幅に増えたが、
    需要側である大学のポストはそれほど増えず、就職が難しい。
    給料ありの研究員(ポスドク)だとか任期制の助教だとかが増えている。
    色々難しい名前のものもあるが、要は契約社員だ。

  • 巌徳寺真言密教・福島県郡山市大槻町字川廻
  • 気まぐれ工房紫陽花・福島県郡山市朝日
  • 占館夢花・福島県郡山市中町
  • ごーるど・福島県郡山市開成
  • 有限会社東北印章郡山支店・福島県郡山市大槻町字土瓜
  • 青木宗悟僧侶鑑定所・福島県郡山市富久山町久保田字三御堂
  • 運命学研究所・福島県郡山市大槻町字原田前
  • 運命学研究所・白澤伯典【郡山市】 霊能力者
  • 御嶽山神社運命鑑定所・福島県須賀川市大町
  • みらい工房・福島県南相馬市原町区栄町
  • 彼らは博士号を取得した後も
    契約社員の不安定な身分で働かねばならない。
    しかも必ず実を結ぶわけではない。
    契約社員を転々として、40半ばで次が続かずに放り出される例もある。

    日本人ならアイデンティティの問題を語る際には寅さんでも引用しろ。
    「お前と俺とは別な人間なんだぞ。
    早え話がだ、俺が芋食って、お前の尻からブッと屁が出るか!」
    これでいい。
    この名文を絵画の中に挿入しろ。
    「お前はお前、私は私」であることを表現するのに
    これ以上適した文章はないだろう。

    Cogito ergo sumと書いたところで、誰にも何にも響かない。
    普通の人なら読めないし、意味もわからない。
    作者が自己満足に浸りたいだけだ。
    そして意味がわかる人には
    「なんで今さらデカルト?」と思われる。
    高校で習った倫理の授業の知識しかないんだなと侮られる。

    心の底から格好悪いと思う作品だった。
    作者名を忘れたから作者の名前をここに書けないのが悔やまれる。

    しかし、これが新道展の「佳作」だっていうんだから恐れ入る。
    何にも賞を受賞していない作品の方がセンスを感じるものがあった。
    センスあるものに賞を与えることができず、
    クソみたいなものを評価している審査員を審査する外部機関が必要だ。
    でもまあ田舎の絵画展の現状はこんなものなのだろうか。

  • 板橋区の切手買取
  • 武蔵村山の切手買取
  • 武蔵野の切手買取
  • 江戸川区の切手買取
  • 江東区の切手買取
  • 札幌は200万都市だけど、所詮はでっかい田舎なのかもしれない。

    仏陀の気持ちがわかるわ。
    この状況ってプチ輪廻転生みたいなもんじゃん。
    さっさと解脱して抜け出したいよ。

    ネットが諸悪の根源かというと、問題はそれほど単純ではない。
    オフラインの環境になっても、
    ネットが本や雑誌になるだけであまり変わらない。
    第一、私が見ているサイトには雑誌のWEB版もあるので、
    雑誌を読んでいるのとそれほど変わらないだろう。

    私の机の上には読んでない本が積み上がっているが、
    これを全部読むことと、同じ時間ネットをすることと、
    それほど違いはないような気がする。
    もちろん、本の方が専門性が高いので幾分かは有用だろうけど。

  • 行田市 名刺印刷
  • 鴻巣市 名刺印刷
  • 坂戸市 名刺印刷
  • 三郷市 名刺印刷
  • 児玉郡 名刺印刷
  • ネットも駄目、本も駄目、じゃあ何だったらいいのか。
    私も仏陀のように菩提樹の下で悟りを開くしかないのか。
    もしも現代に仏陀がいたら菩提樹の下でスマホやってたと思うけどね。
    それでyoutubeを見過ぎて速度制限くらって、
    「あーイライラすんなあ!!」ってブチ切れてると思うよ。

    所有している中古マンションを売るかどうか迷っている。
    購入時から5年以上経つが、価格が1.5倍になっている。
    私の目利きが良いとかいう話ではない。
    他の物件も軒並み騰がっているからだ。
    およそマンションと名のつくものはすべてが上昇している。
    バブルである。

    しかし、バブルというのは深いもので、
    弾けてからじゃないと本当にバブルなのかはわからない。
    私が買ったときがたまたまお買い得だっただけかもしれない。

    不動産バブルは少し前から弾ける弾けると言われているが、
    なぜだか一向に弾けない。
    札幌は中国人に人気があり、
    それがまた需給をややこしくしている。
    まあ東京が弾ければ札幌も弾けるだろうけど。

    札幌の新築マンションなんて
    もう札幌市民が買える値段ではなくなってきた。
    そうすると新築需要が中古市場に流れ、
    中古がバカみたいな高値で取引されている。

  • 利島村の切手買取
  • 北区の切手買取
  • 千代田区の切手買取
  • 台東区の切手買取
  • 品川区の切手買取
  • 私はワンルーム投資が専門だが、
    2LDKや3LDKもたまに調べる。
    調べるたびに「バカか」という言葉が漏れてしまう。
    2LDKで築40年位でも1千万超えが珍しくない。
    むしろ安い部類である。
    もう賃貸に回して利益を得られる価格ではない。
    売買価格は上がっているが、
    賃貸価格は据え置きか、少し下がっているからだ。