Archive for 9月, 2017

学費は、とんでもなく高いものです。基本的に全寮制なので、学費・寮費や食費で年に6万ドル! それをぽんと払える人はさすがにアメリカでも少ないのでしょう、各種の奨学金が充実しています。ただし年収20万ドル以上の家庭の学生は奨学金が受けられません。逆に貧しい家庭ではローンを過大に組ませないように大学が制限をしています。経済的にも多様な学生を確保したいようです。
 授業は一日に3時間くらいです。しかしそのための予習復習や宿題に5~6時間かかります。そういえばハーバードでしたっけ、「成績・友情・睡眠、のどれか一つはあきらめろ」という言葉がある学生寮があると聞いた覚えがあります。なかなかシビアですね。
 「ハーバード大学」は一つの「アメリカの大学の一つの例」に過ぎません。他にも様々なタイプのカレッジがあるそうです。ハーバード大学が「学生の多様性」を求めているように、アメリカという国は「多様なカレッジ」を求めているようです。ただしそのどこに行ったとしても「お仕着せの人生のコースを望む」のではなくて「自分で自分の人生を作る」国民が求められているようです。日本とはずいぶん違うやり方ですが、漠然と「良い大学に行きたい」ではなくて、「アメリカという社会システム」を理解した上で「ハーバードで学びたい」と望む人は、中3~高1くらいから準備をしたら間に合うかもしれないそうです。それでも「偏差値○○以上」なんて“合格基準”は存在しないのですが。

  • 大阪市 バイク屋
  • 堺市 バイク屋
  • 岸和田市 バイク屋
  • 豊中市 バイク屋
  • 池田市 バイク屋
  • 吹田市 バイク屋
  • 泉大津市 バイク屋
  • 高槻市 バイク屋
  • 貝塚市 バイク屋
  • 守口市 バイク屋
  • 枚方市 バイク屋
  •  山岸凉子の名前は知っていましたが、その漫画を読むのはたぶん初めてです。バレエ漫画の『アラベスク』や『舞姫』はタイトルくらいは聞いたことがありますが。
     「レッスン場では無敵」の高一の澄(さやか)。しかし本番やコンクールでは必ず失敗をします。実力を100%発揮できたのは、自分の前に誰かが失敗をしてくれたときだけ。いつしか澄は、口では「頑張ろう」「頑張ってね」と言っても、心の奥底で他人の失敗を望むようになっていました。しかしそういったネガティブな心の持ちようは、澄に「お前は偽善者だ」ということばを突きつけるようになります。さらに「偽善者」という引け目からでしょう。他人からかけられるネガティブな言葉に過敏になって、ますます失敗をするようになってしまいます。
     そんなある日、バレエ団にたまたまやってきた才能豊かな若手、伊東聖也と澄は出会います。ローザンヌに出場してドイツ留学を決めた聖也の踊りだけではなくて、そのものの考え方に澄は影響を受けていきます。人を呪う言葉が、他人ではなくて自分自身を呪っていることに彼女は気づいたのです。

  • 静岡市 バイク屋
  • 浜松市 バイク屋
  • 沼津市 バイク屋
  • 熱海市 バイク屋
  • 三島市 バイク屋
  • 富士宮市 バイク屋
  • 伊東市 バイク屋
  • 島田市 バイク屋
  • 富士市 バイク屋
  • 磐田市 バイク屋
  • 焼津市 バイク屋
  • 掛川市 バイク屋
  • 藤枝市 バイク屋
  •  「燃料の多様化」ですぐ思いつくのは、電気自動車や燃料電池車です。しかし本書で提案されているのは「天然ガス自動車」です。
     佐川急便は1997年から天然ガス自動車の導入を進めていました。2006年には民間企業として初めて保有台数が3000台を超え、11年には国際天然ガス自動車協会からトラック部門で「天然ガストラックの保有台数世界一の事業者」と認定されました(そのときは4200台で国内の天然ガストラック全体の1/4)。
     2011年3月11日、佐川の配送も当然ストップします。しかし1週間後、「営業店止め(郵便の局留めのような感じで、顧客には店まで取りに来てもらう)」でサービスを再開します。2週間後には戸別集配を再開。そこで問題になったのが燃料です。仙台ではトラックの半数が天然ガス、半数がガソリンですが、稼働率は天然ガス車が8~9割、ガソリン車は6~7割でした。もしすべてがガソリン車だったら、単純計算で稼働率は半分に落ちているはずです。
     仙台市中央卸売市場や日立市役所でも天然ガス車が活用されました。当時被災地ではガソリンは逼迫し、スタンドに在庫があっても「一人10リットルまで」とか販売量に制限がかけられていました。しかし天然ガスは“使えた”のです。

  • 中新川郡舟橋村 バイク屋
  • 中新川郡上市町 バイク屋
  • 中新川郡立山町 バイク屋
  • 下新川郡入善町 バイク屋
  • 下新川郡朝日町 バイク屋
  • 金沢市 バイク屋
  • 七尾市 バイク屋
  • 小松市 バイク屋
  • 輪島市 バイク屋
  • 珠洲市 バイク屋
  • 加賀市 バイク屋
  • 羽咋市 バイク屋
  • かほく市 バイク屋
  • 白山市 バイク屋
  • 能美市 バイク屋
  • 労働時間はオフィスによってまちまちですが、標準的な日勤は10時間、夜勤は7時間半でした。夜勤や週末勤務に割り増しはなく、それが労働争議を呼んで、20世紀初頭には、電信オペレーターは男性が週54時間労働・女性は48時間労働となります。女性の夜勤は不当労働行為でした(堅気の女性は夜は出歩かないものだったのです)。もっとも鉄道電信オペレーターの場合には、決まった労働時間はないも同然でした。オペレーターが1人勤務で列車が遅延したら残業するしかないのですから。
     「電信手けいれん(ガラスアーム)」という職業病がありました。腕の酷使による手の障害です。換気の悪いところで座り続けるため、結核の餌食になる人も多く、汚染された水でチフスで死亡する人も多くいました。
     社会の中で電信オペレーターは(女も男も)特別な存在として見られました。オペレーターにとってこの職業は、生計の道であると同時に、社会階層を上昇するための手段でした。オペレーターから成功した人としては、トーマス・エジソンやアンドルー・カーネギーの名前がよく挙げられます。当時の女性にも、“成功例”はありました。「新しさの二重奏」(社会が新しくなり、そこに新しい職業(女性の自活の道)が生まれる)によって、女性の地位が向上したようです。
     教育も必要です。電信手になった女性はグラマースクール(中学校)は卒業していて、中にはハイスクール卒の人もいました。さらに電信手になるために、商業高校や専門学校に通います。そうして育てられた女性電信手は、結婚までの腰掛け就職として、男性よりは安い(2/3~3/4)賃金となっていました(それでも女性教師と同等、工場労働者や奉公人よりは上)。ごくごく少数の女性は管理職にまで出世するのですが、それは“例外”です。
     昇給を望んでも拒絶されるのがオチですから、19世紀の女性電信オペレーターは「移動」を選択しました。遠隔地の(より給料の高い)欠員を見つけてそちらに勤務地を変えるのです。なかなか現代的な生き方にも見えます。家父長制社会の中で、女性(オペレーター)は「移動の自由」を獲得したのです。さらに腕の良いオペレーターで、結婚・出産後自宅に電信線を引かせて、子育てをしながら自宅勤務をした人もいます。その子供たちも当然のように成長後はオペレーターになっていきました。

  • 千葉市 バイク屋
  • 銚子市 バイク屋
  • 市川市 バイク屋
  • 船橋市 バイク屋
  • 館山市 バイク屋
  • 木更津市 バイク屋
  • 松戸市 バイク屋
  • 野田市 バイク屋
  • 茂原市 バイク屋
  • 成田市 バイク屋
  • 佐倉市 バイク屋
  • 東金市 バイク屋
  • 旭市 バイク屋
  • 習志野市 バイク屋
  •  1911年にオランダのオンネスは液体ヘリウムを使って得たマイナス269度(絶対温度4.2度)に置いた水銀で電気抵抗が「ゼロ」になることを発見しました。もしこの超伝導が室温に近いところで起こせたら、世界のエネルギー事情は激変します。1986年に銅酸化物(セラミックス)が絶対温度30度で超伝導を起こすことがわかり、研究によってその温度はどんどん「高温」になっていきました。その温度がマイナス200度以上になれば、高価な液体ヘリウムではなくて安価な液体窒素が使えます。研究者たちの期待はヒートアップしました。その中心にいたのがベル研究所のバトログでした。バトログたち世界中の科学者の狂騒で、1990年代に「マイナス140度」が達成されます。しかし記録はそこで伸び悩みました。その壁をぶち破ろうと、バトログは「有機物」に目をつけます。バトログは研究所に小さなチームを立ち上げます。そこに採用されたのが、大学院を卒業したばかりのシェーンでした。シェーンはバトログの指示通りこつこつと熱心に実験をこなし、2年後に突然“大成果”を連発し始めます。それまでは日本の「フラーレン(サッカーボール型に炭素をつないだもの)にアルカリ金属を混ぜる」方法が世界記録を持っていました。シェーンは「フラーレンに酸化アルミの薄膜を載せる」という「トランジスタ」とそっくりの構造をもたせることでその記録を破ったのです。「ベル研究所」「バトログ」という“ビッグネーム”が添え物としても活躍し、ベル研究所に在籍した1998~2002年にシェーンが書いた63本の論文は“バイブル”となります。

  • 高岡市
  • 神祐舘【富山県高岡市】
  • PEACH・VISION【富山県高岡市】
  • 光運堂【富山県高岡市】
  • 黒部市
  • 中易憲律【富山県黒部市】
  • 小矢部市
  • Masaya風水事務所【富山県小矢部市】
  • 砺波市
  • 飛翔【富山県砺波市】
  • 富山市
  • 占いと癒やし・五行陰陽姓名判断【富山県富山市】
  • 占いサロンセラピスト団新子の窓【富山県富山市】
  • 山本耿琳【富山県富山市】
  • 村田邦子【富山県富山市】
  • 五条珀瑛易断所事務所【富山県富山市】
  • アクアヒーリング富山【富山県富山市】
  • 手術はコワイものですが、実は麻酔もコワイものです。本書は麻酔科の教授が、麻酔の現場で感じたことを綴ったエッセイ集です。
     私が印象的だったのは、寝たきりで意識ももうろうとしている老人の足の手術で、麻酔科の担当医が「このように弱った人の麻酔の危険性」を説明したら家族が「だったら手術はやめよう」となったエピソードです。考えてみたら、何のための足の手術だったんだ、ということなんですよね。寝たきりだから足を手術しても歩けるようになるわけではないのですから。
     経歴の長い人ですから、麻酔自体の変化についても実感を込めて書いておられます。ただ、麻酔薬や麻酔方法の進歩で安全性は以前よりははるかに向上はしていても、「100%安全な麻酔は存在しない」ことを忘れてはいけない、という叙述も印象的です。
     麻酔事故などなかなか深刻な話が多いのですが、中には「手術中に患者の回し蹴りから術者を守ることが麻酔医の使命」なんて手術も紹介されていて、思わず情景を想像してしまいましたよ。いや、もちろん患者が意識的に回し蹴りを放つわけではないのですが。
     私は「手術が必要になった」というだけである種の覚悟をしなければならない時代に育ちましたが、今は「治療をしたら助かるのが当たり前」という“常識”の時代になっているようです。だけど、たとえ時代が変わっても、手術も麻酔も「危険な行為」であることは変わらないはず。だから2年前に自分が手術を受けるときには、手術事故や麻酔事故の可能性をコミで覚悟をして私は手術の承諾書にサインをしました。幸いこうして今も元気で生きていますが。

  • 横浜市鶴見区
  • 魔女の家【神奈川県横浜市鶴見区】
  • 真仙舎【神奈川県横浜市鶴見区】
  • 横浜市都筑区
  • 占いのお店アプラボ.【神奈川県横浜市都筑区】
  • 気もち院【神奈川県横浜市都筑区】
  • 横浜市南区
  • 高島易断横浜易道会本部【神奈川県横浜市南区】
  • 横浜市保土ケ谷区
  • TUR占い鑑定室【神奈川県横浜市保土ケ谷区】
  • 横浜市緑区
  • ヒュミエール(Humiere)【神奈川県横浜市緑区】
  • デルフトは水の下に作られました。オランダ人は堤防で海を仕切り、干拓することでこの町を作ったのです。17世紀前半は、地球は寒冷化していました。農業はダメージを受け疫病が流行ります。しかしオランダはニシン漁が盛んとなり、デルフトもその恩恵を受けていました。さらに西欧では世界貿易が盛んに行われるようになり、オランダの東インド会社の保税倉庫もデルフトに置かれていました。その建物群はフェルメールの「デルフト眺望」に描かれています(現存しているそうです)。16世紀は発見と遭遇の世紀でしたが、17世紀には交流の時代となっていました。その「時代」が、「デルフト眺望」には(ニシン漁船も含めて)しっかりと描かれているのです。
     2枚目の絵「兵士と笑う女」では、著者は後ろ向きに描かれた兵士の「帽子」を「時代を読み解くための窓」として扱います。そもそもこの絵に描かれた情景(室内で男女が二人きりで語り合う)そのものが「新しい風俗」です。16世紀のヨーロッパで、付き添い抜きで女性が男性と二人きりで会うことはあり得ないことでした。それが時代の変化で、恋愛(結婚)に関する“交渉”を2人でできるようになっていたのです。おっと、主題は「兵士の帽子」でした。17世紀初め、兵士が手にした「新兵器」は「火縄銃」でした。五大湖地域でフランス人のシャンプランがその新兵器をいかに活用したかがここでは物語られます。フランス人が強く求めたのはビーバーの毛皮でしたが、これを加工すると最上の帽子用のフェルトになったのです。シャンプランはもう一つ、「中国」も求めていました。五大湖から西に向かえば、中国に到達できる、と思っていました。「豊かな中国の富」はヨーロッパ人にとっては「見果てぬ夢」だったのです。

  • 武蔵野市
  • 坂本彩湖占いサロン【東京都武蔵野市】
  • 吉祥寺の母【東京都武蔵野市】
  • 占福ふく【東京都武蔵野市】
  • インスパイア【東京都武蔵野市】
  • 日本推命気学会【東京都武蔵野市】
  • タロット21【東京都武蔵野市】
  • 阿吽プシュケー五東占い館【東京都武蔵野市】
  • 占い館阿吽プシュケー五東【東京都武蔵野市】
  • 宮幹藍后の占いと教室【東京都武蔵野市】
  • 池田正美霊感霊視予知運命鑑定所【東京都武蔵野市】
  • 昇龍【東京都武蔵野市】
  • 高島易断本部吉祥寺鑑定所【東京都武蔵野市】
  • プシュケー五東【東京都武蔵野市】
  • お電話鑑定L・ハート【東京都武蔵野市】
  • 今日は朝起きて息子の朝食を作ってたたき起こし、
    フトンからシーツと枕カバーをはいで、ついでに自分と息子と父の寝巻きを洗濯して布団を干して二階から順に掃除機をかけて、9時半にダイナシティへGO!!
    10時14分前に着いてしまった。
    ドアが開いたら食品売り場へダッシュ。
    食材を買い込んで9千円ほど出費。(例によってお惣菜は買えず。)

    家に帰って父と息子に昼食を与え、チキンのワイン煮とひじきの煮物を作って、ムク(愛犬)を抱っこして風呂場へ。

    逃げ回るムクをわしゃわしゃとシャンプーして何とかトリミングして。
    やっとミルクティーを作ってほっとしたのが3時。

    夕飯はさっきのひじきと塩しゃけ。豆腐とほうれん草の味噌汁にテリー伊藤さんちの玉子焼き。(母の『食べたい』というリクエストで買った。半分は後で病院に届けないと。)父には酒のつまみに鰯団子。
    息子には(贅沢にも)イクラをつけ、サラダ代わりの野菜の浅漬け。

    ふん、何でかんだで品数は多いじゃん。
    チキンは日持ちがするので後日頂く。
    平日は作っていられないので土日は作り置きしないものにしているのだ。

    6時になり、母の病院へ。
    「相変わらず、病院食は不味い。たんぱく質が取れなくて筋肉が付かない」との仰せ。

    ひじき、玉子焼き、チキンのワイン煮、クリームチーズ2種、ドンクのパン2個、ミルクから煮出したロイヤルミルクティー(ポットに入れて持参)を手渡す。

    栄養士の免許を持つ私から言わせてもらうと、
    「ちゃんと、年齢・性別・持病等の体質プラス、カロリーから骨や筋肉のことまで考えての献立なんだから、頑張って全部食べるのが患者の仕事なんだよッ!!!!!」
    と怒鳴ってやりたいが、母は家から持参させた昆布やらくぎ煮やらでごはんは食べるが元々酢の物とか嫌いで(私は好きなのだが)絶対に食べない。どうやら、病院の味噌汁も
    「出汁も味噌も口に合わない」と手をつけていないらしい。
    ハムカツなぞ、「お腹を壊しそうで怖くて食べられない」と拒否。

    私は、息子を帝王切開したとき、妊娠中毒症の一歩手前だったので徹底した塩分制限で冷奴にねぎが2,3かけのっかっただけのおかずを出されたことがあったぞ。後は確か、野菜ジュースに甘いだけの海苔の佃煮。
    それとデザートが青いみかん。

    いつ見てもそんなだったが
    「これはクスリ。食べなきゃ、24時間の点滴が抜けてくれない」
    となみだ目になりながら食べていた。
    病院実習、小学校給食実習、保健所実習とやった経験から言わせると、内臓手術をしていないから、随分とイイ食事内容だと思う。

    食べるものが制限されてる人はマジ、悲惨である。
    だが、献立を考える人も、それを作る人もドンだけ大変か解るから私は文句を言うなんて罰が当たると思う。

    だが、不思議なもので人間罰当たりな奴ほどそれに気が付かないまんま、生きていけちゃうんだよなー。
    ずーーーーっと、そのまんま。

    間違いなく、ウチの両親はそのタイプなんだよね。
    どうか、自分がその同列にだけは並びませんように、と祈るばかりである。

  • リフォーム 有限会社渡沼畳店【茨城県猿島郡五霞町大字元栗橋2843-2】
  • リフォーム 下妻市
  • リフォーム マツオ設計【茨城県下妻市下妻丁429-3】
  • リフォーム ミリオン電気株式会社【茨城県下妻市鎌庭57】
  • リフォーム 株式会社アトラクト【茨城県下妻市高道祖1343-10】
  • リフォーム さくら建設株式会社【茨城県下妻市今泉115-2】
  • リフォーム WABISABIWORKS【茨城県下妻市若柳甲362-1】
  • リフォーム 株式会社筑波セイコー【茨城県下妻市宗道2406-2】
  • リフォーム 有限会社磯山建装工業【茨城県下妻市大木1799】
  • リフォーム 有限会社吉川工務店【茨城県下妻市長塚384】
  • リフォーム 半貫建築【茨城県下妻市長塚57】
  • リフォーム 株式会社ホーミック【茨城県下妻市北大宝387-2】
  • リフォーム 株式会社ホーミック【茨城県下妻市本城町2丁目26-1】
  • リフォーム 笠間市
  • リフォーム 有限会社アサヒハウジング【茨城県笠間市旭町122-4】
  • リフォーム セルフリホームハウス茨城有限会社【茨城県笠間市旭町204-67】
  • リフォーム リフォーム常陽【茨城県笠間市旭町471-2】
  • リフォーム 武川美装【茨城県笠間市旭町80-125】
  • 1848年、ヨーロッパではパリで2月革命・ウィーンで3月革命が起き、アメリカ・カリフォルニアでは金が発見された年、スコットランド・ダンファームリンでは12歳のアンドルー・カーネギーの両親がアメリカ移住を決めていました。スコットランドの経済状況は最悪で、この年だけで18万8千人のスコットランド人がアメリカに移住しています。一家が目指すのは、「砦の町」から「商業地」へと発展中のピッツバーグ。
     アンドルーはボイラー炊きから始めて、帳簿づけに“出世”、夜間学校で複式簿記を習い始めます。「ボトム・フーザー」と呼ばれる一緒につるんでいた仲間たち(スコットランド移住民の子供たち)も一緒に行動します(彼らはのちにカーネギー鉄鋼王国を築くことに協力し合うことになります)。電報配達ですぐに頭角を現し、ボトム・フーザーのボス的存在として電信手に出世したアンドルーは、才能と勤勉ぶりを見込まれてペンシルベニア鉄道にスカウトされます。月給35ドル。今まで手にしたことがない大金でした。ボイラー炊きでは週給1ドル20セントだったのですから。
     南北戦争は、トーマス・メロンのような人にとっては「富の源泉」でした。息子たちも駆使してメロンは大財閥を形成しました。モルガンもまた金もうけに忙しく動いています。アンドルーは、副社長から陸軍次官補となったスコットの片腕として、鉄道網の維持に奔走します。鉄道は北軍の生命線だったのです。焼かれた橋の復旧工事に難渋したことから、アンドルーは鉄橋建設に向かい、そのための専門会社を立ち上げます。さらに製鉄会社や鉄鉱山も手に入れます。軍艦も、木造帆船から鉄で装甲した船に移行する時期で、まさに「鉄の時代」になろうとしていたときの機敏な動きでした。

  • 蓮田市 バイク屋
  • 坂戸市 バイク屋
  • 幸手市 バイク屋
  • 鶴ヶ島市 バイク屋
  • 日高市 バイク屋
  • 吉川市 バイク屋
  • ふじみ野市 バイク屋
  • 白岡市 バイク屋
  • 今日はいいお天気。少し風があったけど、隣のT町の温水プールに行ってきました。

    自転車で最上川を北上して1時間。
    そして1時間気持ちよく泳いで、また自転車1時間。
    サイクリングしたのか、泳いだのか、わからん(笑)。

    これから夕食だけど、今晩で手作りおでん完食できるかな~。

    そう、手料理といえば、思い出すのが大学院生時代のかき揚げ。

    高校時代の友人に獣医さんがいます。それも数少ない<らしい>ブタの専門医で尺八も吹くという才人。
    そいつがぼくのアパートに遊びに来ました。それで、二人でおいしいかき揚げそばを作って、それを肴に飲もうということに決定。

    どちらも日頃天ぷらなんか作らないから、あ~じゃ、こ~じゃいいながら、試作また試作。これもだめ、これはちょっとうまくいったけど焦げたなんて言いながら、揚げ続けました。

    そうして気がつくと、なんと6畳の部屋満面にかき揚げがならびました。
    おおっ、かき揚げの花園!
    (て、しゃれてる場合じゃない(笑))

    隣近所に嫌がられながらも、お裾分け(正確には押し付けという)。
    しかし、とても喰いきれるものではない。
    さらには1ヶ月くらい、部屋は油臭くって……。
    しばらくは天ぷらのての字も見たくなくなりました。

    でもまぁその晩は二人で楽しく飲みましたよ。

    料理は勢いですね。
    でも勢いがつきすぎると悲惨ですね。
    このとき得た教訓でございます(笑)。

  • リフォーム 茨城県
  • リフォーム かすみがうら市
  • リフォーム 株式会社千代田リフォームファクトリー【茨城県かすみがうら市下稲吉1393】
  • リフォーム 有限会社イーストホーム【茨城県かすみがうら市下稲吉1887-18】
  • リフォーム 住まいのリフォームナカネ有限会社【茨城県かすみがうら市下稲吉2285-29】
  • リフォーム 株式会社受水槽管理サービス【茨城県かすみがうら市宍倉6198-116】
  • リフォーム 株式会社受水槽管理サービス【茨城県かすみがうら市宍倉6198-116】
  • リフォーム 株式会社スガワラ技建【茨城県かすみがうら市上稲吉1262-56】
  • リフォーム 株式会社ホーミック土浦営業所【茨城県かすみがうら市上稲吉1834-1】
  • リフォーム ホッとリビング【茨城県かすみがうら市上稲吉2014-6】
  • リフォーム 佐藤工務店【茨城県かすみがうら市深谷74-24】
  • リフォーム アーアーアーアンシン・リフォームサービス生活救急車JBR/出張エリア・かすみがうら市・かすみがうら市役所前・稲吉・深谷・田伏・千代田石岡IC前・石岡市総合受付【茨城県かすみがうら市西成井1760】
  • リフォーム つくばみらい市
  • リフォーム 株式会社アイリープランニング【茨城県つくばみらい市下島500】
  • リフォーム 有限会社川口商事【茨城県つくばみらい市鬼長526-1】
  • リフォーム 有限会社理想ハウスメンテック【茨城県つくばみらい市紫峰ヶ丘3丁目27-5】
  • リフォーム 株式会社みらい総合建設【茨城県つくばみらい市寺畑230】
  • リフォーム 株式会社SFIDA【茨城県つくばみらい市小絹622】