仕事の帰りにスーパーに買い物に行くとき、警察署の前を通ります。

そこには掲示板があり、『昨日の事故件数、負傷者数、死者数』の数字が掲示されています。

それがそこにあると、知ってから、数字を見る癖がついてしまい、

そして、その数字が少ないと、

死者数が 0だと、ものすごく安心して、ホッとしている自分がいます。

(残念ながら事故件数・負傷者数が0というときは1回もなく、
 その数字は軽く100桁を越えています。)

今日は

その数字が、最後の数字が、3でした。

昨日、事故で亡くなった方が 3名も、いたと いうことです。

事故、それはきっと、突然のこと、だったんだと思います。

ご本人にとっても

ご家族にとっても

思いもよらない

想像もしていない

まさかの

本当にまさかの

ウソとしか思えない

信じたくない

信じられない

出来事

哀しすぎる

現実

変えられない

真実

その数字を見て

心がシクシクと痛むと共に、

本当に

今ここで生きていること

生かされていること

そのことが本当の本当に奇跡、だと

改めて、思いました。

わたしが 生きていること

両親が 生きていること

友達が 生きていること

わたしを支えてくれる人たちが 生きていること

そして

大切な人が 生きていること

これってとてつもなくすごいことで素晴らしい奇跡

この奇跡が どうか いつまでもいつまでも

続きますように。

  • 末期ガンの終末医療
  • Leave a Reply